ホワイトニングとは

  • 2010/04/20(火) 20:26:12

ちょっとホワイトニングという言葉について
調べてみると、


ホワイトニング(いわゆるブリーチング)は、過酸化水素が分解する際に発生するヒドロキシラジカルやヒドロペルオキシラジカルなどのフリーラジカルが、歯の着色有機質の二重結合部分を切断し、低分子化することにより起こる「無色化」により、歯の明度を上げることにより白くする方法である。

ホワイトニングには歯科医院内で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」、その中間の「アシステッドホワイトニング」、神経のない歯に対して行う「ウォーキングブリーチ」などがある。通常、オフィスホワイトニングには15〜38%の過酸化水素製剤、ホームホワイトニングには5〜38%の過酸化尿素製剤が使用される。オフィスホワイトニングでは、この薬剤にハロゲンライト、プラズマアークライト、レーザー、LEDなどを当てて、過酸化水素の分解を促進する。


気楽な気分で調べたら、
こんな難しい記述が・・・
さっぱりわからないです。
神経のない歯に対して行う「ウォーキングブリーチ」
っていったい何でしょうねw





ホワイトニングの種類

  • 2010/01/27(水) 17:11:04

歯のホワイトニングって


ホワイトニングで歯を白くすることは、クリーニングと呼ばれる単なる歯磨き粉やブラシングで磨くことから、歯石取りから35%程度の高濃度の過酸化水素の薬品薬剤を歯の表面に塗って、光をあてるホワイトニング方法まであります。

歯のマニキュアといって薬剤用品を塗るホワイトニング方法もあります。


なんか色々種類があるんですね。

芸能人とかがやってるホワイトニングはどれになるのだろう?

なるべくなら長持ちするような方法がいいですよね。

なんかホワイトニングって大変だ。。





ホワイトニングの重要性

  • 2009/11/13(金) 00:21:45

昔から虫歯が多くダメな歯の持ち主です。
タバコも吸うし、決して綺麗とはいえない歯。
今まで歯の白さとか、なんにも気にしたことが無かったが、
なぜか30歳を過ぎて、やけに外見が気になる。

結局 人は見た目が多きい。
若いころは気心の知れた友達とばかりつるんでいるから
なかなか気付かないが、年を取ると初対面で好印象を
与えなければいけない状況が多くなる。
仕事でもプライベートでも。

当然、初対面というのは見た目が大きい。
見た目が良ければ簡単に興味を持ってもらえることは確か。
そんなに跳びぬけたハンサムでもない限り、外見に対する努力をして損はないだろう。
髪型、スキンケア、ファッション、そして歯。
ホワイトニングされた綺麗な白い歯は必ず好印象を与えるだろう。
芸能人が必ず歯が白いのは何か訳があるはずだ。